GIS データストア
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

トップ > ArcGIS トレーニング > ArcGIS API for JavaScript アプリケーション プログラミング(保守契約・有効)

ArcGIS API for JavaScript アプリケーション プログラミング(保守契約・有効)

ArcGIS API for JavaScript の使用方法を中心にして、ArcGIS Server の REST API をベースとした、使いやすく高パフォーマンスな Web マップの設計、開発手法を学習します。

※保守有効なArcGIS Desktopをお持ちのお客様は、保守有効期間内に開催される下記の対象トレーニングコースについて、定価の20%引きにて受講していただけます。

内容:
・ArcGIS API for JavaScript を使用する上で必要な周辺知識と基本的な Web マップの作成方法を学ぶ
・レイヤーの表示やウィジェットを使用した機能の追加を行う
・タスク、ウィジェットを使用して解析する
・レンダラーを使用してレイヤーのシンボルを変更する
・属性検索、空間検索を行う
・ジオプロセシング サービスの使用方法や Web マップの印刷方法を学ぶ
・Web アプリケーションからデータを編集する
・ArcGIS Online、Portal for ArcGIS と連携させる(オプション)

※本コースには Web ADF を使用したサーバー アプリケーションの開発手法は含まれません

期間:2日間 / 時間:10:00〜17:30
定員:10名
前提知識:
・「ArcGIS Server Web サービス入門」を受講されている方、もしくは同等の知識を有している
・プログラミングの経験を有している方(JavaScript 推奨)
商品コード : 542108
価格 : 80,000円(税抜)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
日程・会場

選択
2月28日〜3月1日・東京
ご注文前に必ず最新の空き状況と座席の仮予約をお願いします。

 

割引価格適用可否の確認のため、ライセンス顧客IDを入力してください。

※IDはライセンスコンファメーションまたは保守登録完了通知書に記載されています。

 

受講される方が注文者と異なる場合は、その旨をお知らせください。受講者が異なる場合、注文者に申込書式を別途メールでお送りします。
  • 必須ライセンス顧客ID

    入力できる文字数:半角5文字

  • 必須受講される方は注文者ご本人ですか?(回答例:ご本人のみ・それ以外)

    入力できる文字数:半角20文字

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ